So-net無料ブログ作成

第二十七編 中編 [装甲悪鬼村正 魔界編(感想)]

今月の装甲悪鬼村正 魔界編

第二十七編 中編の感想です。

※追記あり

 

 


◆御堂!高速徹甲弾よっ!

IMG.jpg
のっけから予想外の兵器を繰り出してきて吹いた。近代兵器までラーニング出来るとかやばいぞ…。
しかしADHVAPのビジュアルはちょっと想像とは違う感じでした。まるでミサイルみたいですな。

IMG_0001.jpg
って追尾してる!?
湊斗さんが駆けつける前の六波羅戦でラーニングしたと思われますが、ど、どうなってるんだ…。まさか別の陰義の影響下なのかな?次号か単行本で回答が得られることに期待。

※コメントでご指摘を頂いたのですが、高速徹甲弾はGHQで開発中の兵器でしたね。ただ武蔵さんがGHQと戦闘を行った可能性は今のところ低そうなので、現在は六波羅でも配備が進められているのか、それとも実はGHQともちょこっと戦っていたのか。この辺りも単行本で解説されることに期待したいと思います!

「村正。相州正宗の陰義返しとの差異はっ!?」
≪似て非なるものよ!あいつのは全く違うっ。攻撃エネルギーを受けることなく、自力での再現に成功してる!≫


なんやてぇえええええ!?
いやいや、後々武州五輪の陰義だってきっと使用リスクは明らかにされるのでしょうが(多分)、しかし一々相手の必殺陰義を受け止めることなく再現可能ってだけでも十分凄すぎる…。しかも再現範囲が陰義の枠に留まらないし。…まぁ、なんだ…天下一名物さんには今後のご活躍に期待します…。

あ、そういえば何気にこの発言から、悪鬼編後の湊斗さんが正宗さんの陰義を目撃してる事実が明らかになりましたね。恐らくは身を以って味わわれたのでしょうか。

「陰義吸収…いや、術理吸収か」

…あくまで湊斗さんの推測ですが、これが正解だとしたらまたとんでもないチートがきたもんだぜ…ゴクリ。
前回までを見るに、陰義や武器(近代兵器含めて)の単純再現に留まらず、その使用法、応用法まで吸収していそうですが、湊斗さんの推測が正解であるならば、下手をすれば戦術や戦略レベルの技術・理論すら吸収してしまう可能性も?
いや、そんなのどうやって再現するんだって話ですが、しかし、もしかしたら、もしかして?

◆ただの遺法よ

違法ではなく遺法。
戦闘経験が豊富であればあるほど武州五輪の力は強まるわけですし、この遺法が真価を発揮するとなれば、やはり武州五輪は神代から受け継がれてきた劒冑なのでしょうか。

IMG_0002.jpg
ってなんかデタ──────ッ!!

IMG_0003.jpg
なんか合わさっタ──────ッ!!

IMG_0004.jpg
なんか──────って言うか、毎回手を変え品を変え色々な攻撃法を披露して下さっている武蔵さんですが、もうなんかこれ一つ取ってもマジで超名甲級の陰義ちゃんなんですが!?

IMG_0005.jpg

「天魔返(あまのがえし)!!!」

普通にカッコよすぎる必殺技で濡れた。武州五輪のポーズもかっけぇ…。
これすらも多分次回ではもう使われなさそうというのが恐ろしいですなぁ。
それにしても武蔵さん、本当に楽しそうである。

IMG_0007.jpg
………。
火力も非常に、申し分、なし。
ああ、こりゃ魔王編終盤の修羅場を潜り抜けた湊斗さんと村正じゃなきゃアカンわ(遠い目



以下、正宗さんの陰義になんとなく思いを馳せた駄文。

正宗さんの陰義返しは、自騎がまず敵騎の陰義に耐える必要があることに目を瞑れば(あんまり瞑れない事実なのですが…)、相手が渾身の陰義を放って隙だらけになった直後にカウンターを発動出来る…っていうところに利点があるわけでして(レイスティでは湊斗さんは対策を取っていましたが)、武州五輪の術理吸収が完全な上位互換であるとまでは言えないのですが、でもやっぱり使い勝手には圧倒的な差がありますなぁ。神代のロストテクノロジー恐るべし。
コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 8

トモロ マレクレイター

>ただの遺法よ
 今回武州五輪のトンデモ陰義が遂に明かされたわけですが術理を完全に再現するなんてただ見るだけではできないような気がします。
そう考えてみて武蔵さん初登場の時親統坊を殺して金神の欠片を食いましたけど、あれがもしかしたら武州五輪の術理(能力)吸収の方法なんじゃないかと。
by トモロ マレクレイター (2013-09-01 09:29) 

にしん

>トモロ マレクレイターさん
>術理を完全に再現するなんてただ見るだけではできないような気がします。
確かに見ただけで完コピはあまりにも強すぎますよね。
となると、00式も食われてしまったということなのでしょうか。
もしも吸収方法がそれなのであれば、湊斗さんと三世の術理は敗北しない限り吸収されなさそうですね。
by にしん (2013-09-01 10:19) 

NO NAME

>六波羅戦でラーニング
高速徹鋼弾って六波羅じゃなくって連盟軍が開発中の兵器じゃなかったっけ?
でも武蔵はGHQとは戦っていないっぽいし六波羅が既に実戦配備してると考えると大和の技術力スゲー

>って追尾してる!?
ガッツアイダー戦で上に逃げたら射角取られなくて高速徹鋼弾から逃れられた気がしたけど追尾できるように魔改造されたのか

術理コピーに追尾する射撃兵器か……
正宗さんとバロウズさんは泣いていいよ……
by NO NAME (2013-09-01 18:49) 

にしん

>NO NAMEさん
>高速徹鋼弾って六波羅じゃなくって連盟軍が開発中の兵器じゃなかったっけ?
あ、そうでした!
しかしGHQと戦闘したかは不確かなので、あるいはこの時期は六波羅側にも配備されているということなのでしょうか?うーん。
by にしん (2013-09-01 21:15) 

kojirou

>高速徹甲弾

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/APFSDS

こちらですと「ミサイル状の筒が途中で分離する金属一体形成矢」ですので、事によると武蔵と死合ったそういう陰義の弓術の達人とか戦国の世にいたのかもしれません。

>「天魔返(あまのがえし)!!!」

し、真空斬り……しかも鈴之助が改良した赤胴真空二段斬りまで……二刀とかそんなレベルではないですね「武州五輪」。
by kojirou (2013-09-23 14:15) 

ユリ

はじめましてにしん様、ユリと申します。
先ほどにしん様の作品「真装甲仁義村雨 始」後編 その3を拝読させて頂きコメントさせて頂きましたので、お手数ですがお返事いただけると助かります。
by ユリ (2013-10-14 08:24) 

にしん

>kojirouさん
>こちらですと「ミサイル状の筒が途中で分離する金属一体形成矢」ですので、事によると武蔵と死合ったそういう陰義の弓術の達人とか戦国の世にいたのかもしれません。
なるほど、形状的には十分有り得るということなのですね。
追尾能力は陰義による付加なのでしょうか。

>し、真空斬り……しかも鈴之助が改良した赤胴真空二段斬りまで
ぬぅおおお!元ネタが把握しきれないッッ!!
by にしん (2013-11-03 19:13) 

にしん

>ユリさん
先程私からもお返事を書かせて頂きました!遅れてしまい大変申し訳ありません!!!
by にしん (2013-11-03 19:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※当ホームページにはニトロプラスの許可の上でニトロプラスの著作素材を転載しております。これらは他への転載を禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。