So-net無料ブログ作成

MMP DX バットマン(ダークナイトライジング版) [ホットトイズ]

撮り始めたのはなんだか随分昔な気がするMMP DX バットマン(ダークナイトライジング版)を大雑把にご紹介。

※画像は一部クリックで拡大可能です(極端に小さい画像等)。

1.jpg

 
 
2a.jpg
3.jpg
実写映画のバットマンでは一番好きなデザインですね。鎧のようなバットスーツがたまらなくカッコいいです。
初めて見たのはダークナイトの場面写真をネットで見た時かな?ビギンズのスーツからガラリと変わって大分衝撃的だったような気がします。

各部ディテール&ギミック。
DSCF9365.jpg
DSCF9366.jpg
DSCF9367.jpg
眼球可動とフェイスパーツの組み合わせで多彩な表情が作れるのは中々楽しいのですが、眼球可動は結構繊細に出来てるみたいで、毎度ヒヤヒヤしながら弄っています(汗

7.jpg
11.jpg
DSCF9374.jpg
9.jpg
10.jpg
このデザインのバットマンはホットでは三体目ということもあり、とにかくバットスーツが素晴らしいです!
従来品ではラバー製だった部分は更に複数の素材に分割され、特にメッシュ状の部分は布製で再現されたことにより質感のリアルさがより増しています。
眺めているだけでもうホントうっとりします…。カッコいいなぁ…。

以下、ポーズ色々。
12.jpg
13.jpg
DSCF9458.jpg
素立ちには毎度悩みますが、バットマンは(あくまで個人的ですが)特に難しいです。
どんな立たせ方が一番カッコいいのかは現在も研究中。まぁそうしてる時間がたまらなく幸せなので苦ではないのですが!

14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
格闘ポーズ。
ノーラン版のバッツアクションと言えばキーシ・ファイティング・メソッドなわけですが、少しはそれっぽく見えてるでしょうか?

DSCF9353.jpg
バットラング。
ライジングでは詳細不明な麻酔仕様?も出てきていましたが、あれって結局どんなガジェットだったのだろう…。

19.jpg
20.jpg
21.jpg
22.jpg
グラップネル・ガン。

23.jpg
粘着性ボム・ガン。
今回は手首が少なめなで、ボム・ガンも専用の手首があるわけではないので、握りがちょっと微妙かも?

24.jpg
E.M.P.ブラスター。
劇中のようにカッコよく持たせるのが中々難しくて、これもポージングに苦労しました。

というか、この時に何度も肩を弄ったのが原因だったのかなぁ。
実は撮影中にバットマンの右肩が砕けまして…。これはかな~りショックでした…。
一応二体購入していたとはいえ、やはり散々遊んだ一体目には愛着もありましたし…。
で、ショックが回復した頃に、今回の失敗を次回に活かそうと思い、思い切ってスーツを脱がしてみたのですが、

DSCF9413.jpg
中はこんな感じになってました。

DSCF9415.jpg
破損したのは肩と胴体を繋ぐ部分の軸のようです。

DSCF9416.jpg
肩側の方は分解してみました。

DSCF9418.jpg
DSCF9420.jpg
写真ではほとんど見えないですが、凹凸の噛み合わせで関節の保持力を上げる機構っぽいです。
スーツのテンションに負けないためかは分かりませんが、大分キツめになっていまして、腕を前後に回す際は破損した軸にかなり負荷がかかっていたと思います。

最後はライジングの他のキャラ達と一緒に。
25.jpg
まずはキャットウーマン。
ゴーグルの装着が難しく、髪がちょっと乱れ気味になってしまったのが残念です。

26.jpg
DSCF9412.jpg
そしてベイン!


というわけでバットマン(ダークナイトライジング版)でした。
いやはや今回は本当にショックでした…。
なまじお気に入りなだけにポーズを決めるのに大分弄りすぎたのが仇となったという…。
写真は途中から二体目を使用しましたが、こちらは二度と腕を前後には回すまいと固く誓いつつ弄りました。記事をご覧になった方で同フィギュアをお持ちの方はどうかお気をつけ下さいませ。
自分も今後他のフィギュアを弄る時はより一層気をつけなければ…。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※当ホームページにはニトロプラスの許可の上でニトロプラスの著作素材を転載しております。これらは他への転載を禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。