So-net無料ブログ作成

RAH DX オートバジン(バトルモード) [メディコムトイ]

RAH DX オートバジン(バトルモード)を大雑把にご紹介。

000a.jpg



005a.jpg
007a.jpg
メディコムトイの商品でライダー+バイク等は買ったことの無い管理人にとっては、今までで一番高額なアイテムとなったオートバジンですが、サンプルのカッコよさと存在感に惹かれて思い切って購入。

008a.jpg
正面から。
外装はABS、PVC、ソフビ等によって作られている為、見た目の割りには軽い印象。勿論同シリーズのライダーよりは重いですが。
塗装も特に問題無く綺麗に仕上がっています。
いやはや身長的にはライダーと大差無いのですが、全身ガッシリとしているのでライダーには無い存在感がなんとも頼もしく魅力的。バジンさん劇中でも大活躍でしたしね。

015a.jpg
017sa.jpg
斜めから。
バジンさんカッコいいです。メディコムもよくバジンさんにチャレンジしたなぁ。数年前だったら絶対考えられなかったですが、これからはメインのライダーだけに終わらずにサブキャラにも少しずつ手を広げていってくれると期待したいですね、平成ライダーの怪人とか。うん、なんか想像したらZOとドラスが欲しくなってきたぞ。

011a.jpg
012a.jpg
ヘッド。

013a.jpg
ボディ。

019a.jpg
020sa.jpg
右太股と左太股。
ディテールは大変素晴らしいのですが、ここで一つ残念な所が。
素体(スーツ着)とアーマーの間を埋めるスポンジに使われたと思しき接着剤がはみ出たのか、内側のスーツ部分がやや白くなっている箇所がありました。

023a.jpg
022a.jpg
背面。
よく作り込まれてます。眺めてるだけで時間を忘れてニヤニヤ。
さすがにタイヤは回転しませんが、一応左ハンドルは取り外せたり。通常のファイズを買うか、ver.2でもリリースされた暁には持たせて写真を撮ってみたいですね。

025sa.jpg
脚部裏。
短時間ながらバジンさんは飛べるわけなので、本当は飛行ポーズも撮りたかったのですが、上手く支えられるスタンドがありませんでしたorz

030a.jpg
ガトリングガンでもあるバスターホイールは、手首を付け替えることで持たせることが可能。

031a.jpg
033a.jpg
036a.jpg
ポーズ色々…と思ったのですが、バジンさん自体アーマーのおかげで素体の可動範囲はかなり殺されてますし、バスターホイールもそれなりに重いので、スタンドの補助が無ければ持ち上げた状態は維持出来ませんし、大したポーズはとらせられません。まぁバジンさんはそうそう派手なポーズはとらないので問題無し。

040a.jpg
038a.jpg
バジンさんパンチ。
敵の見せ場を一発で台無しにしてくれます。
腕の上がりや股の開き具合はこの位が限界です。着ぐるみロボって実物は相当動き難いんだろうなぁとはボンヤリ思っていましたが、1/6でなんとなくアクターさんの気持ちが味わえたかもw

ちなみに、一応股関節も前後にはかなり動きますし、膝も90度くらいは曲げられます。…バランスの都合でそれを活かしたポーズはちと難しいですが。浮かせられるスタンドがあればもう少し下半身もポーズを付けられたかもしれません。

※追記
弄っていたら思いの他股関節が広げられましたwジョーカー辺り撮影してからまた写真を追加するかもしれません。というかバジンさん、カブトとかより足首もしっかり動くし、よっぽど下半身はポーズ付け易いんじゃ…。
ただし、あくまで301改素体なので、動かし易さに調子に乗っていると股関節がいきなり破損しないとも限らないので注意しなければ。

044a.jpg
041a.jpg
安心の壁役ポーズ(やられたこともありますが)。



ラストa.jpg
というわけでオートバジンでした!

こう全身をアーマーで固めると、ホットトイズのアイアンマンがつい思い起こされるのですが、あちらと違ってこちらは他のRAH DX ライダー同様、可動素体にスーツとPVC等で作られたアーマーを着せるタイプのフィギュアなので、触ってみると存外お馴染みの感じというか、特に戸惑うことなく弄れたのがかえって新鮮でしたw
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※当ホームページにはニトロプラスの許可の上でニトロプラスの著作素材を転載しております。これらは他への転載を禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。