So-net無料ブログ作成

VGMP エツィオ・アウディトーレ [ホットトイズ]

ホットトイズより、ビデオゲーム・マスターピース エツィオ・アウディトーレをご紹介。

※写真を追加しました。

002.jpg

024.jpg
034.jpg
アサシンクリード2の主人公にして、ルネサンス期に活躍した最強のアサシン、エツィオ・アウディトーレ。ゲーム本編では、ラストで時を越えたとんでもない役割を与えられていた事が判明し、プレイヤーを大いに驚かせたキャラクター。アサクリってプレイしてみないと分からないですが、壮大なSFなんですよね。

069.jpg
フードを脱ぐとイケメンが。ゲームのモデリングに忠実というより、結構アレンジされているというか、もしかするとモデルになった俳優さんの方を参考にしてるのかも?

060.jpg
059.jpg
063.jpg
各部ディテール。
エツィオの最も初期の装備ですので、派手さは控えめですね(これでも)。
小物はどれも細かいながらも良く造形されてると思います。
投げナイフはベルトの後ろに六本収納可能。
ベルトには剣と短剣もセット出来ます。

今回は中盤以降に手に入るピストル等もありませんし、ぜひまたエツィオの商品を出して頂きたい所。

073.jpg
おなじみの専用スタンドも付属。

040.jpg
046.jpg
050.jpg
剣。
ブーツが2パーツで構成されてることもあり、接地性抜群。コスチュームもバットマンみたくピッチリしたものではないので、ポーズも非常にとらせやすいです。

ゲーム中では最もスタンダードで扱いやすい武器。カウンターもやりやすいですが、後半は剣のカウンターでは一撃必殺とはいかない敵が増え、コンボキルや回避、ステップ等もしっかり覚えなければ通用しなくなります。

052.jpg
056.jpg
短剣。
剣とアサシンブレードの中間的な武器。
技のモーションが素早く、敵の攻撃を回り込んで回避→コンボキルの即死技が非常に出しやすく出も早いため、使いこなすと中々面白い武器ですが、余裕が無い内はアサシンブレードか剣の両極端に走りがちかも。

059.jpg
065.jpg
投げナイフ。片手に三本ずつ持たせてあります。ゲームではこんなに一度にたくさんは投げられません(笑)。
ゲーム中では遠間から一方的に攻撃出来る為、非常に安全かつ強力。ゲームでは一度に三本までが投げる限界です。それでも十分凄いのですが。

035.jpg
038.jpg
アサシンブレード。まずは篭手より。

022.jpg
020.jpg
ブレードを装着。ゲームでは飛び出す機構が内蔵されていますが、さすがに再現はされていません。
っていうか、右手のブレードってこんなに簡素だったのか(笑)。

ちなみにこの新型アサブレ、握り手を使うと分かりますが、刃の鞘が丁度グーをしている時の手の真下まであるんですね。昔のアサブレは指を切る必要がありましたが、エツィオのそれは安全性の向上等、技術の改良が窺えます。

001.jpg
004.jpg
016.jpg
008.jpg

ゲームで困ったらこいつのカウンターでどうにでもなるという(ただしタイミングは武器の中で最もシビア)、初期装備にして最強の武器。
アサシンを象徴する武器であり、ジェダイにとってのライトセーバーみたいな物かもしれません。

003.jpg

エア・アサシン。
高低差がありロックオン可能な距離なら、かなり遠くの敵まで届く奇襲技。
多くの場面で役立ちますが、かなり目立つ技なので使い所はそれなりに見極める必要あり。

ラスト.jpg

恐らくゲーム中の薄汚れを再現する為なのでしょうが、設定よりコスチュームはやや灰色ぎみです。
ですが細部に渡ってしっかりと作られており、ゲームをプレイした方なら「ああ、ここはこうなっていたのか!」と発見を繰り返しながら楽しめる出来だと思います。

エツィオには他にもカッコいい装備が多いので、なんとかシリーズとして続けて欲しい所ですが…さてどうなるか。
12月に出る最新作アサシンクリード ブラザーフッドのマスターアサシンとしての初期装備もカッコいいんだよなぁ。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※当ホームページにはニトロプラスの許可の上でニトロプラスの著作素材を転載しております。これらは他への転載を禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。